ブランク10年復職を目指す潜在看護師Aさんのお悩みをご紹介。

ブランク10年からの復職・子どもが手を離れて 44歳・Aさん

流されて看護師になったんです

看護師になった理由は、実はなんとなくでした。これといった夢もなく、ぶらぶらしていた時、仲のいい子が「看護学校に行く」って言い出して、うちは母も看護師だったし、親戚にも看護師がいるので、「まあ、看護師資格をとっておいてもいいかな」という感じで看護学校に行きました。
実際に学校に行けば、周囲に流されるように勉強も実習もがんばりましたし、卒業するときはもう“看護師になる”って回りも思い込んでいたので、そのまま就職したって感じです。
新卒で総合病院に入りました。急性期だったのでかなり忙しくて、1年目は「辞めてやる」ってことばかり思っていた気がします。それでも、辞めてしたいことがあるわけでもないし、毎日が忙しく、休日は疲れ果てて寝てばっかりいて、気づいたら中堅になってた感じですね。

10年間、専業主婦でした

退職したのは、29歳で結婚して家庭に入ったからです。身体的にも精神的にも疲れてて、正直、休みたいってのもありましたが、年齢的にも子作りを重視したかったんで。31歳で一人目を生みました。翌年に二人目。二人ともわんぱくな男の子だったんでかなり大変でしたよ。男の子って競い合うですよね。子育てであっという間に10年過ぎてました。自分のことは二の次って感じでしたね。

もともとなりたくて看護師になったわけでもなかったので未練はありませんでしたけど、看護はつらいことも多かったのに、振り返って人に話すときはちょっと誇らしく思ったり、病院に診察に行くと看護師の動きが気になったりしてました。結局、好きだったんでしょうね。

第3の人生でしたいこと

子どもが大きくなって、最近は親より友達といたいみたいです。同じくらいに結婚・出産をした看護学校の友達が家の近所の病院で働きだして、久しぶりにあったら、なんだか若返ってたんですよね。それで「自分も仕事をしようかなぁ」って思うようになりました。
はじめはスーパーのレジとか飲食店とか考えていたんですけど、正直、うちの近くだと時給が安いんですよね。同じ距離でも看護師ならもっと稼げるのにな、と思いましたが、やはり10年も間があいたので医療現場についていけるかが不安です。大きくなったとはいえ、息子二人はまだ学生。部活もやってるし、この先、受験もあるし・・・。
復職したい気はしますが、やっぱりちょっと踏み出せなくて、迷ってます。

最近、バス旅行にはまってます。日帰りなのにいろいろな場所にいけて、けっこうおいしいものを食べれるんです。格安だと思いますが、自分のために使うお金を主人の稼ぎからもらうのは、ちょっと引け目に感じてしまうので、不安はあるけどやっぱり看護師に復帰したいですね。子育てにひと段落ついたら、友達といろんな場所に旅行に行ってみたい。そのためにも自分の貯金を増やしたいです。

・・・・・・・・・・・・おすすめ記事ピックアップ・・・・・・・・・・・・

他職種からの復職・やっぱり看護師がしたい 28歳・Bさん

3人の復職に悩む潜在看護師さんの看護師資格習得から離職、そして、復職を考えるきっかけなど、リアルな悩みをご紹介。
「向いていないのかも」と離職し、他職種を経験したBさんのお悩みのページです。

ついていける?…スキルの不安を解消するサポート

ブランクから復職するのに一番の不安は「ついていけるか」ということ。そんな潜在看護師さんの悩みを解決するスキルサポートについてご説明します。中途採用向けに病院が提供する制度、研修のほか、公的支援サービスなどをご紹介します。

子育てだけでも大変・・・育児支援のこと

復職する際に育児のことで復職に踏み切れない潜在看護師さんもおおくいらっしゃいます。そこで、ここでは子育て支援のサポートの種類と利用する際の注意点などをわかりやすくまとめました。

科目、病棟などによって大変さはまったく違う!

復職する時、どんな科目で何病棟で施設形態はどこがいいかと悩みますよね。実際、これらの選択によって仕事のハードさは大きく左右されます。
だからこそ、ポイントをおさえて、無理なく自分らしく働ける場所を見つけるヒントに利用してみてくださいね。

TOPに戻る

Copyright © 2014 求職者必見☆転職成功マニュアル All Rights Reserved.