出産で離職。潜在看護師Cさんが育児のために復職を目指すお話。

出産からの復職・子どもが大きくなってお金が必要 36歳・Cさん

転職暦は多い方です

看護師としては転職暦が多いほうかもしれません。ブランクが1年半ありますが、その前はいくつも病院をかえました。一番短くて1ヶ月です。理由は、いろいろですが、主に人間関係です。私、きつい物言いをする人が一人でもいると、すごく萎縮してしまうんですね。そのせいで、普段ならしないようなミスをしてしまうこともあります。苦手なひとがいない日はのびのびしているんですが、苦手な人がいるとダメなんです。苦手な人がいる日ほどちゃんとしたいのに・・・。
転職を繰り返したせいで、だんだんと面接で落ちるようになっていき、自分は看護師失格なのかなって思ったり、人格否定されている気もしました。
そんなとき、私のことをすごく好きだって言ってくれるひとに出会って、本当にうれしかったです。誰かひとりで自分を認めてくれる人がいるって心強いですよね。

できちゃった結婚で退職しました

その彼の子どもを妊娠して、退職しました。ひきつぎとかもあったので、おなかが大きくなっても仕事してましたけど、不思議とあかちゃんができてからは、仕事でミスしなくなりました。みんな妊婦にやさしかったのもあるけど、でも、きづいたんですよね。人の態度って自分しだいなんだなって。あかちゃんができてから、自分でも穏やかになったというか、仕事のことでは落ち込まなくなったんです。気になるのはあかちゃんのことばかりで、仕事のことは「まあしかたない」とか思えるようになって。
そしたら、苦手だった人もたいしたことない気がして、堂々としていたら相手にもイライラされなくなって、それどころか優しい言葉ももらって、「ああ、なんだ自分の味方だったのかも」って思えて。あかちゃんが私を強くしてくれたと思います。それと産前産後休暇をとらずに、退職を決めていたからかもしれない。「どうせ、もうここにはこないんだから」っていう開き直った気持ちが強くさせてたのかも。

子育てってお金がいる!?

家庭に落ち着いて、久しぶりにのんびりすごしていました。でも、子育ってって思っていた以上にお金がかかるんですね。旦那さんのお給料だけじゃ、どんどん貯金が減っていくばかりで、危機感を感じています。消耗品のおむつ、ミルク、離乳食、おもちゃ、どんどん大きくなる子どもの服・・・いろんな手当てや補助金も利用したけど、自分も思うように動けなくて、そのせいでお金で解決することもあります。これから子どもがどんどん大きくなったら、幼稚園に入るお金とかそろえる道具とか、入ったら入ったでお遊戯会とかいろいろお金がかかるみたいで、その先、小学校、中学校ってつづいていくでしょ? 
今の経済状態じゃ、ちょっときついかなと思うようになり、復職を考えています。看護師だった私が働くのが一番いいのかなと思います。

でも、まだ1歳半なので近くにいれる環境で、授乳にいける保育園のある場所がいいと思っています。ただ、転職履歴がおおいので、子持ちで面接にうかる自信はありません。それに、入れても人間関係でうまくやっていけるかと考えると、怖くてたまりません。でも、子どもがいるから、きっとがんばれますよね? 子どもにとって一番いい環境で、無理せずに働ける場所を探したいです。

・・・・・・・・・・・・おすすめ記事ピックアップ・・・・・・・・・・・・

他職種からの復職・やっぱり看護師がしたい 28歳・Bさん

3人の復職に悩む潜在看護師さんの看護師資格習得から離職、そして、復職を考えるきっかけなど、リアルな悩みをご紹介。
「向いていないのかも」と離職し、他職種を経験したBさんのお悩みのページです。

ついていける?…スキルの不安を解消するサポート

ブランクから復職するのに一番の不安は「ついていけるか」ということ。そんな潜在看護師さんの悩みを解決するスキルサポートについてご説明します。中途採用向けに病院が提供する制度、研修のほか、公的支援サービスなどをご紹介します。

子育てだけでも大変・・・育児支援のこと

復職する際に育児のことで復職に踏み切れない潜在看護師さんもおおくいらっしゃいます。そこで、ここでは子育て支援のサポートの種類と利用する際の注意点などをわかりやすくまとめました。

科目、病棟などによって大変さはまったく違う!

復職する時、どんな科目で何病棟で施設形態はどこがいいかと悩みますよね。実際、これらの選択によって仕事のハードさは大きく左右されます。
だからこそ、ポイントをおさえて、無理なく自分らしく働ける場所を見つけるヒントに利用してみてくださいね。

TOPに戻る

Copyright © 2014 求職者必見☆転職成功マニュアル All Rights Reserved.